BLOG ブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

【Unity】効果音・SEを出す

AudioSourceコンポーネント追加

 効果音など単発で音を出したいときに使えるのがplayOneShot関数。コンポーネントの取得やアタッチについては【Unity】コンポーネントの取得【Unity】オブジェクトの取得を参照。

AudioSourceコンポーネントの追加

AudioSourceコンポーネント追加
 まずは使いたい音声ファイルをオブジェクトのInspectorにドラッグ&ドロップ。これで自動的にAudioSourceコンポーネントが追加されAudioClipに音声ファイルがアタッチされる。

AudioSourceクラスのインスタンス作成

コンポーネントのアタッチ
 次にスクリプトで下記のようにAudioSourceクラスのインスタンスを作成。
public AudioSource hoge; 


 できたらInspectorの画面に戻りスクリプトに出きた枠にAudioSourceコンポーネントをD&D。
 勿論publicで宣言せずにGetComponentを使って設定することもできる。

playOneShot関数

 あとは任意のタイミングでPlayOneShot関数を使うだけ。第二引数からfloat型で音量も指定できる。いろいろな音を鳴らしたいときはAudioClipクラスのインスタンスを作って音声ファイルを登録しておき、引数で指定するだけ。
hoge.PlayOneShot(hoge.clip); 

CONTACT お問い合わせ

無料体験授業は随時開催しています。
ご希望やご質問など、お気軽にお寄せください。