BLOG ブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

【Unity】時間を計る・使う

 Time.deltaTime【タイム.デルタタイム】が利用できる。
 これは前回の1フレームの処理にかかった時間(秒)が取得できる。つまりこれを別の変数などに毎フレーム加算していくことで経過時間などもできる。以下にシンプルにカウントするだけのサンプルを示す。

float ojikan; //Update()関数内での宣言ではNG

void Update(){
   ojikan += Time.deltaTime; //変数ojikanに1フレームにかかった時間を加算。
}

CONTACT お問い合わせ

無料体験授業は随時開催しています。
ご希望やご質問など、お気軽にお寄せください。