BLOG ブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

Fusion360の基本的操作

Fusion360の基本的操作

 この記事ではFusion360の具体的な操作についてまとめていきます。
 たくさん機能があるため、よく使うものをピックアップしてみました。この記事で紹介する機能だけでも使う順序をしっかり意識すれば割と不自由なく設計ができると思います。
 設計の流れに関しては前回の記事でまとめていますので参考にしていただければ幸いです。
 

スケッチ

スケッチ追加
 まず立体の作成に必要な平面図から作っていきます。
 左上のアイコンを押して新規でスケッチを追加し、スケッチ編集画面に移動します。平面は作成することもできますが、デフォルトの状態で3つの平面がありますのでどれかを選びます。立体を作ればその側面などもスケッチ平面として選べるようになります。

四角

四角
 長方形ツールを選びます。
 2点をクリックすることで長方形を作図できます。また、1点を押した状態で数値を入力することで辺の長さを指定することもできます。
 後に紹介する線分でも四角を描くことはできますが、このツールで四角を描いた場合、自動的に辺同士に平行の拘束条件が付きます。

円
 円ツールを選びます。
 中心をクリックした後、円の大きさを決めます。数値の入力でも可能です。また、接線を選ぶことで円を描けるツールなどもあります。

線分

線分
 線分を選びます。
 クリックで開始し、escキーで解除。または、開始位置の点を選んで線を囲うことで終了します。
 自由な形を作れる反面、拘束条件を指定していないと寸法を入れた際あらぬ方向に変形して編集の手間が増えることもあります。

寸法

寸法
 寸法を選びます。
 辺を選べばその長さを、2点を選べばその2点間の距離を、2線を選べばその間の角度を、円を選べばその直径を数値で指定することができます。
 数値以外にも"d1"などと入力すれば他の部分の数値を引用することができます。
 また、"d1*2"など数式として入力することでd1の数値の2倍の長さを指定することができます。
 これらの寸法は後から修正することも可能です。

スケッチの終了

スケッチ終了
 スケッチを描き終わったら右上の終了アイコンを押してソリッド編集画面へ戻ります。

フィーチャ

押し出し

押し出し
 押し出しを選びます。
 平面を選んで距離を入力することで、スケッチで描いた平面図を立体へ押し出すことができます。複数の面を同時に選択したまま押し出すことも可能です。
 また、距離の数値をマイナスにすることで立体の一部を凹ませたり穴を空けたりすることができます。

面取り

面取り
 面取りを選びます。
 面取りしたい辺や頂点を選び、その深さを指定します。複数選択して同時に処理することも可能です。
 面取りは角を落とす加工なのである程度形ができた後の仕上げとして入れた方が修正の手間が少なくなる印象です。

フィレット

フィレット
 フィレットを選びます。
 辺や頂点を選んで丸みの大きさを数値で指定します。こちらも複数選択して同時に処理が可能です。

まとめ

 今回紹介したのはFusion360の機能のほんの一部になります。
 一方でこれらの機能を組み合わせ順序を工夫すればある程度いろいろな立体を設計することができます。
 また、画面下にあるフィーチャの履歴をクリックすれば押し出しの距離なども後から修正することができます。
 慣れてくれば作成していく順序もだんだん考えやすくなっていきますので、まずはたくさん色々な形を作って遊んでみるといいと思います。

CONTACT お問い合わせ

無料体験授業は随時開催しています。
ご希望やご質問など、お気軽にお寄せください。